周辺イベント「特別展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年 」・・・大阪上本町にあるホテルのブログ

スタッフブログ

周辺イベント「特別展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年 」・・・大阪上本町にあるホテルのブログ

Posted:2018/05/20

 大阪上本町にある大阪国際交流センターホテルの大津です。

今、大阪市立東洋陶磁美術館では

「特別展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年 」
が開催されています。

1740年、軟質磁器の制作を開始したパリのヴァンセンヌ製作所は、ルイ15世の庇護を受けると、セーヴル王立磁器製作所として発展しました。強大な権力を誇る国王ルイ15世の庇護を受けて、パリとヴェルサイユの間に位置するセーヴルへと移転した製作所は、王立の磁器製作所となり1769年には硬質磁器の開発に成功します。宮廷に愛された画家や彫刻家が招かれて知的で洗練された作品を生み出し、ルイ16世とその王妃マリー・アントワネットに納めたほか、外交上の贈り物としても用いられ、ロシア皇帝エカテリーナ2世をはじめとした王侯貴族を魅了しました。以来、300年、ヨーロッパを代表する磁器として愛され、今もなお様々な製品が作られてきました。本展では、フランス宮廷に育まれ、時代とともに変化し続けてきたセーヴル磁器製作所の300年に及ぶ活動の紹介と、セーヴル陶磁都市が所蔵する約130件の作品の展示により、セーヴル陶器の魅力が紹介されています。
   大阪に観光でお越しになられた際は、大阪市立東洋陶磁美術館へ足を運ばれてはいかがでしょうか?

<大阪市立東洋陶磁美術館>
●会         期:平成3047()716()
●休  館  日:月曜日(7/16は開館)
●開 館 時 間:午前930分~午後5(入館は閉館の30分前まで)
●観      覧      料:一般1,200円、高校生・大学生700
所  在      地:〒530-0005大阪市北区中之島1-1-26
●お   問   合   せ:06-6223-0055
●U      R      L:http://www.moco.or.jp/exhibition/current/?e=472

【大阪市立自然史博物館へのアクセス】
・京阪中之島線「なにわ橋駅」1号出口すぐ
・地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」1号出口から約400m、
   地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜駅」26号出口から約400m 

【大阪国際交流センターホテルからのアクセス】
・大阪市営地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」乗車→「なんば駅」下車→
   →地下鉄御堂筋線に乗り換えて「淀屋橋駅」下車 1号出口から約400m

 ☆大阪にお越しの際は、ビジネスにも観光にも便利な大阪国際交流センターホテルをぜひご利用下さいませ☆
    ご予約は↓↓こちら↓↓から
             ★宿泊プラン一覧

最近、お得な会員サービスを始めました!ご登録はこちら♪

大阪上本町にある大阪国際交流センターホテル 大津
大阪市天王寺区上本町
8-2-6
T   E  L : 06-6773-8181
M A I L : front@ihho.jp
U  R  L : http://ihho.jp